• Home
  • 新着情報
  • 株式会社シームスの2011年イグノーベル賞受賞について

株式会社シームス[外部サイト](旧 株式会社ピクセン)と、消防庁消防研究センター(旧 独立行政法人消防研究所)は共同で「火災時における臭い警報システムに関する研究」を行いました(2002~2004年)。この研究を基にシームス社が"火災を臭いで知らせる「臭気発生装置」"を開発し、2011年9月30日、イグノーベル賞を受賞されました。

開発に費やした多大の努力に対して敬意を表しますとともに、今後の発展に向けて大きく期待をするものです。

本当におめでとうございます!


研究報告(参考)消防研究技術資料第74号「災害弱者の火災時避難安全のための警報・通報手法の開発」[PDF]