もんだい1のこたえ

ものが燃えるために必要な「火の三角形」の3つのアイテムは、可燃物と酸素と、もう1つは「」だったね。
3つのアイテムが全部そろって、火の三角形が完成すると、ものが燃えるんだよね。

→ 復習しよう! 火の三角形:ものが燃えるには何が必要だろう?

燃えるために必要な「熱」って何のこと?

ものが熱くなったり冷たくなったりするときに、上がったり下がったりする、「温度」の正体は何だろう?
ものを高温にする「熱」の正体は何だろう?

私たちの身の回りにあるものはすべて、「原子(げんし)」という、目に見えない小さな小さな粒(つぶ)や、いくつかの原子が結びついた「分子(ぶんし)」という粒(つぶ)で、できているんだ。

→ 外部リンク【NHK for School 10min.ボックス 理科1分野 物質と原子・分子】

https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005110112_00000

(※ 日本放送協会ウェブサイトへリンク。アドレス確認日:2020年9月30日)

可燃物や酸素の粒(つぶ)は、ひとつひとつ、乱(らん)雑に動いていて、熱くなるほど、動きがはげしくなるんだ。この粒(つぶ)の動きを「熱運動(ねつうんどう)」と言うよ。熱運動のはげしさを表(あらわ)しているのが、温度なんだよ。 そして、ものの温度が変化するときに、増えたり減ったりする熱運動の「エネルギー」を、と呼(よ)んでいるんだよ。

アニメーション:低温の気体の熱運動 アニメーション:高温の気体の熱運動



温度が上がると・・・ ⇒ ⇒ ⇒

 熱運動のエネルギーが増える

 増えたエネルギー = 熱


(※ 実際の分子の動きとはちがいます。)

→ 外部リンク【NHK高校講座 物理基礎 第20回 熱と温度の関係を調べる ~熱と温度~】

https://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/tv/butsurikiso/archive/chapter020.html

(※ 日本放送協会ウェブサイトへリンク。アドレス確認日:2020年9月30日)

炎のマーク

エネルギーについて学びたい子のためのリンク

→ 外部リンク【NHK for School 10min.ボックス 理科1分野 力学的エネルギー】

https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005110116_00000

(※ 日本放送協会ウェブサイトへリンク。アドレス確認日:2020年9月30日)

→ 外部リンク【NHK for School 10min.ボックス 理科1分野 エネルギーの変換】

https://www2.nhk.or.jp/school/movie/bangumi.cgi?das_id=D0005110119_00000

(※ 日本放送協会ウェブサイトへリンク。アドレス確認日:2020年9月30日)

着火源(ちゃっかげん)

イラスト:住宅火災

次に、火事を起こさないようにするために気をつけたい「着火源(ちゃっかげん)」を
紹介するよ。着火源(げん)とは、燃えるのに必要な「熱」を可燃物と酸素に与えるも
ののことだよ。(火の三角形の「熱」そのものを着火源(げん)と呼ぶこともあるよ。)

ガスバーナーやマッチやライターの炎(ほのお)、火のついたタバコ、電気ストーブ、レンズで集めた太陽の光などは、ぜんぶ着火源(げん)だから、火事にならないように気をつけよう!

コンロ

コンロの火(または熱)

フライなどの揚げ物(あげもの)をしていて油が燃え始めたとき、
温度を下げようとして水をかけたら絶対にダメだよ!
→ 映像資料を見てみよう! 映像資料【こんろ火災の恐怖とその対処方法】

漏電(ろうでん)



コンセントの電気

コンセントにたまったほこりが湿気(しっけ)を吸うと、
ほこりが燃え出すから危ないよ。掃除(そうじ)をしよう!
→ 映像資料を見てみよう!
映像資料 【未然に防ごう!電気器具火災~身近に潜む火災危険~】
→ 深く学ぶ 消防庁 eカレッジ【消防庁 eカレッジ 一般コース「火災対策」】

太陽光


レンズや凹面鏡で集めた太陽の光

花びんやペットボトルでも、太陽の光が集まるよ。
室内の日差しが届(とど)く場所には置かないように気をつけよう!

→ 外部リンク【NHK生活情報ブログ:冬場に多い「収れん火災」に注意】

https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/300/172624.html

(※ 日本放送協会ウェブサイトへリンク。アドレス確認日:2020年9月30日)

もんだい2:燃えるときに起こっていること もんだい3:燃えやすさと数量