平成19年度の募集は終了致しました。

ご応募いただきました皆様にお礼申し上げます。

平成19年度(第11回)消防防災機器の開発等及び消防防災科学論文の応募要領

消防科学・技術の高度化と消防防災活動の活性化に寄与することを目的として、優秀な消防防災機器の開発・改良及び消防防災科学に関する論文を消防庁長官が表彰する制度です。

1. 主催

総務省消防庁

2. 募集の範囲

(1)消防防災機器等の開発・改良

消防防災活動において活用するために創意工夫された機器等だけでなく、特許・実用新案などの権利のある発明も含みます。

(2)消防防災科学に関する論文

消防防災活動における問題点を技術的な観点から解決あるいは考察した内容で、消防防災分野で活用が期待できるものとします。

3. 応募者の区分

応募者の区分は、次の通りです。

(1) 消防吏員・職員もしくは消防団員、又はそれらのグループ(消防防災に係わる職員を含む。)

(2) (1) 以外の個人もしくはグループ

4. 応募作品

(1)「消防防災機器等の開発・改良」の場合

  • 新規に開発・改良されたもの。(ただし、市販化しているものは、平成14年4月1日以降のものに限る。)

(2)「消防防災科学に関する論文」の場合

  • 新規に著されたもの。(ただし、雑誌等に掲載されたものは、当該雑誌等の発行が平成16年4月1日以降のものに限る。) なお、(1)及び(2)ともに、過去に応募したものと同一の作品あるいは他機関の表彰等への重複応募作品は対象外とします。また、応募作品は返却しません。

5. 応募の様式

別添の様式により、日本語で作成したものとします。

6. 表彰及び賞

(1) 表彰状及び副賞を授与します。

(2) 表彰作品の点数は次のとおりです。

①優秀賞

消防防災機器等の開発・改良 10点以内
消防防災科学に関する論文 10点以内

② 奨励賞
消防防災機器の開発・改良及び消防防災科学に関する論文 2点以内

7. 作品の評価のポイント

技術的、学術的な創意、工夫を有するもの、先見性を有するものを積極的に評価します。

8. 表彰者の発表

平成20年1月中に表彰者を決定し、発表します。なお、表彰者には直接その旨を通知します。
表彰作品は消防研究センターの機関誌「消研輯報」及び消防研究センターホームページに掲載します。

9. 応募の方法

下記あて先に郵送または電子メールにて送付のこととします。

10. 受付締切日

平成19年9月14日(金)(郵送の場合当日消印有効、電子メールの場合締切日内に到着したもの)

11. あて先及び問い合わせ先

総務省消防庁消防大学校消防研究センター 研究企画室 研究企画室
〒182-8508 東京都調布市深大寺東町4丁目35番3号
電話:0422-44-8331(代表)  FAX:0422-42-7719
消防研究センターホームページ:http://nrifd.fdma.go.jp/
メールアドレス:hyosho2007(@fri.go.jp)